京橋朝市2013

日曜日に岡山の京橋朝市行って来ました。

本当に感動ばっかり。
素晴らしい朝市です。

振り返って2年前の初参加の時の自分のブログを読み返したら今回もあの時と同じ感想、感動。
その時の様子はこちらです。

お客さんが朝の5時から続々詰めかけることもびっくりしますが、何よりすごいのは運営する方々の姿勢。

今年の懇親会でも

「今日は雨ですが、明日は必ず晴れます!晴れの国・岡山です!だから例年通りにお客様はたくさん来ます!持って来たもの完売して帰ってください!」

この自信。
挨拶、スピーチする実行委員長さんや県議さんや市議さん、全員が自信満々で「明日は晴れる。お客さんたくさん来ますのでしっかり商売してね!」って言い切る素晴らしさ。

しかも僕たちご招待です。出店料タダ、高速代もガソリン代もホテル代も支給。必要なのは懇親会の会費2000円のみ。高知だけじゃなく鳥取や熊本や釧路の業者さんまで全部ご招待。

どんなシステムながやろー?

「来て、売って、儲けて帰ってね!」ですよ。すごいとしか言えません。

翌朝起きると本当に晴れちゅうし。

会場に行くと河川敷なので前日の雨で足元がぐちゃぐちゃなとこがありましたが、すぐに実行委員らしき方々が動きます。
段ボールを敷き詰めたり、それでもダメなとこにブルーシートを敷いたり、さらにはコンパネまで運んで来ました。これが誰かに言われた風ではなく自分からどんどん次の手を打っていく感じ。

お客様が気持ち良く買い物が出来ること、出店者さんが快適に商売が出来ること。これに手間や経費は惜しまない感じ。

これで朝7時。すごい人出。

自分達もイベントを作って出店者を募ってお客さんを呼ぶ大変さを少しは経験して来たので、出店者目線じゃなく主催者目線で見てしまう。

もう全然かなわないし、今までずっと長い間すごくすごく頑張って来たからこその今のこの姿があるんだろうなぁ、って。

真似出来ることは盗んでやろうと思ったり。
どっからお金をひねり出しゆうか質問したり。
出店者が主催者を兼ねる自分達のスタイルへの限界を感じたり。
本当に感心して感動して打ちのめされて帰って来ました。

僕たち県外業者のご招待は年に一回ですが、京橋朝市は毎月第一日曜日に開催されてますので是非一度遊びに、お買い物に行ってみてください。

心からお薦めします。朝5時6時には行かんといかんけど。8時じゃもうピークのあの雰囲気は味わえません。

全国有名朝市フェアはまた来年。また行きます!

あ、朝市でデザイン包丁売れました!ストライプの方。
ついに海の向こうへ。
瀬戸内海越え。

もう全国区やね。

さぁ、次は刃物まつり!
疲れたー。

コメントを残す

※公開されません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の記事 最新コメント