鍛冶屋日記

カテゴリー: 鍛冶屋日記

またまた前回の続きです。

 

高知に戻った日は葬儀場で父と母と大阪から夜中に車を飛ばして帰ってきた妹と一緒に4人で布団を並べて眠りました。懐かしい家族4人だけ。何十年ぶりやろ。

朝は5時頃目覚めてこっそり1人で外の喫煙所にタバコを吸いに行ってこっそり帰ったら妹が起きたので

「すごいろ。俺が誰より早く一番に起きる日が来た。」って言ったら

「そんな訳ないやん。私ももう起きちょったし、じーちゃんはもう2時間くらい前から起きちゅうき。」

あー、そうながや。

 

 

それからお通夜を終えて、ごく近い家族と親戚で晩ごはんを食べました。ビールを飲みました。

息子たちや姪っ子甥っ子がいてばーちゃんが眠ってる部屋で賑やかに夜が更けていってた時。

父が「お、こんなのがあるぞ。」って一枚の紙を出してきました。

それは母が週に2回通ってたデイサービスの連絡先が書かれた紙でした。名刺のでっかいやつ。ちょっと固めの紙質のやつ。

母がなくなったのでデイサービスの施設にも連絡せんといかんと思った父がお通夜会場に持ってきていた紙。

その裏にこれ。

ばーちゃんの字です。

手に力が入らなくなって字を書くのも億劫がっていた母の字です。

12/8  四国大学 入学祈願 りんちゃん」

 

そういえばいろいろ忘れてしまう母に言ったなぁ。

「明日凜が入学試験やって。合格するように祈りよっちゃって。」

「そうかね。忘れんように書いちょかんと。」

そのメモがお通夜の夜に何の気なしに登場しました。父は本当に裏のメモには気づかず携えてきたようで。

 

そのメモを前に凜は号泣。

12/8ってほんとに試験の前日やん。」

「病院でもみんな泣きゆうき俺は泣かれんと思って泣かんとここまできたのに。」

「ばばちゃん、ずるいわ。」

そりゃ19の男子も泣きます。

 

やば、書きながら泣きそうや。

 

 

ばーちゃんの孫を思う気持ちがそこにありました。

それをお通夜の夜にじーちゃんが孫に見せました。

ひとしきり食べて飲んで話して笑ってのあとに。

 

見事です。

このばーちゃんの気持ちを忘れんように大学生活を送らんとね。

 

 

お母さん、ゆっくりしてますか。

お母さんが倒れた姿も見てなくて、病院に駆けつけることもしてなくて、あなたがいなくなったっていう実感が全然ないよ。

毎日仕事しに実家に行っても普通におるみたいな感覚。

遺影はちょっと若い頃の元気な笑顔の写真にしたので、なんか「お母さん元気になったやん。良かったね。」みたいな気持ちで毎日会ってます。

 

 

「お兄ちゃん(母は僕のことをこう呼びます)はこの仕事に就いて良かったと思う?この仕事楽しい?」

元気な頃も記憶があやふやになって元気をなくしてからもよく母から聞かれた質問です。

息子が鍛冶屋の仕事に入る。

真面目にコツコツやり続けてきた父の仕事に、真面目にコツコツとはほど遠い人生を歩んできた息子が入る。

さぞかし心配だったことでしょう。

聞かれる度に

「めちゃくちゃ良かったよ!」

「こんないい仕事ないで。自分が思うようにやれて、やりがいがあって、お客さんに喜んでもらえて。」

「家業ってものがあって本当に良かったと思う。お父さんのおかげやね。」

 

毎回そう答えてたけれど、これから先もずっとそう答えられるように頑張らんとね。

 

 

ペコちゃんに認めてもらえるようにこれからもしっかり生きたいと思います。

 

 

 

前回の続きです。

母がなぜ僕が東京にいる日を選んでいっちゃったのか。

僕は6年前に離婚をしています。別居の期間を入れると10年になります。だから元奥さんがいます。そこに21歳と19歳の息子がいます。

離れてしまった父としてはなかなか仲良くやってる方だと思います。元奥さんのおかげ。

 

それから今一緒にいる彼女がいます。彼女には中学2年生の娘がいます。3人で一緒に暮らしてます。

 

父と母には紹介しました。2年と少し前に。

息子たちに会わせてはいませんでした。彼女と娘と暮らしてることは昨年秋に初めて話したけど。

 

こういう状況があって、315日を迎えます。

 

朝一飛行機で東京に行って1日自由が丘で仕事して帰りにコーヒーショップでビールを飲んで晩飯にお持ち帰りの肉飯を買ってホテルでまた缶ビール飲みながら肉飯食べてテレビ見てたら親父から電話。2240分頃。

「今すぐ帰って来てくれ!おかあが!」

親父はパニック。何言ってるかわからんくらい。

お母さんになにかあったこと、救急車で病院に向かっていることはなんとかわかったので電話を切ってから彼女に連絡。

「何があったかよくわからんけど〇〇病院に向かいゆうみたいやき行っちゃって!」だけ伝えて。

「わかった。」って返事もらって。

それから大阪の妹に電話したり他の親戚に連絡取ったり。東京のホテルで。

それから1時間も経たないうちに彼女から「お母さん今なくなった。」って連絡もらって。

 

次男凜にも「病院行っちゃって。」って連絡をして長男涼太は神奈川にいるので「ばーちゃんなくなった。おまえ明日朝一で一緒に帰れる?」って連絡して2人分の飛行機チケット取って。東京のホテルで一人で。

 

その間、僕の彼女は落ち込み嘆く父のそばにいてくれて、警察の現場検証にも立ち会ってくれて。一晩中あちこち駆け回ってくれてあれこれ全部やってくれて。

 

翌朝高知に戻って眠ってる母と対面した時には、僕の彼女は親戚一同に紹介済み。

「ほんと、彼女はよくやってくれたよ。」って親戚のおばちゃんに言われる。

凜ともご対面済み。

なんなら元奥さんともご対面済み。

自分で紹介したのは一緒に帰った涼太だけ。

 

 

お母さんが「あんたもういいかげんにちゃんとしなさいよー。」ってみんなに彼女を紹介していってくれました。

 

僕が近くにいなかったからこうなった。

その時両親に一番近くで頼れる人は彼女でした。

だからペコちゃんはわざわざ僕がおらん日を選んでいったがよね。

(親父にとってはそんな時に息子がいないってのははだいぶ酷な仕打ちやけど、「お父さんは大丈夫!」みたいなとこがお母さんにはある。)

 

息子たちにどう紹介しよう、どんなタイミングで会わせたらいいがやろ。そんなことぼんやり考えてなんとなく逃げてたところです。

バシッとやられました。

 

見事でしょ。ペコちゃん。

つじつま合わせにしたって敵わない。

 

 

ペコちゃんのすごいとこもうひとつあるのでもう一話だけ母について書きます。

 

 

 

お母さんがなくなっちゃった。

突然に。315日。75歳。

会社勤めしていた頃のニックネームはペコちゃん。18歳で入社して退職して60歳になっても70歳になっても「ペコちゃん」。つまりは笑うひと。

19歳まで一緒に暮らして、鍛冶屋になった25歳からは毎日仕事場で会っていたペコちゃんが突然いなくなっちゃいました。

前回告知した東京出張に出かけた日でした。

もうすぐ1ヶ月になるね。早いなぁ。

母は寝込んでいたわけでもなく体調を崩していたわけでもなく、その日もいつも通り金曜日のデイサービスに行って晩ごはんも父と食べて2人でテレビを見て、父が「お風呂入りや」って声をかけてお風呂に入るまでいつも通りの母だったそうです。

前日だって仕事終わって普通に「明日から仕事で東京行って来る。お土産買って来るきね。」って言って普通に「おやすみ!」って帰ったのに。

想像してないもんね。

そんなことならもっといっぱい話して帰ったのに。

 

ただ、ここ数年母はパーキンソン病と認知症で日々のことを忘れていってしまう自分を嘆いていて、僕らにとってはそこにいてくれるだけで良かったのだけれど、少しづつ出来ないことが増えていくのをしんどく思ってました。

「ごめん、ごめん。」って謝ってばっかり。

だから、やっぱりちょっと疲れてしまって、寝込んで心配をかけることもなく、シュシュっといってしまったのだと思います。

数年前までお友達とおしゃべりするためにはいつでもどこまででもフットワーク軽く出かけてお茶するのが大好きだった母が、周りの友達から「ペコちゃんペコちゃん」って可愛がってもらった笑顔がトレードマークの母が、友達に会うのも億劫がるようになって家の用事もだんだん出来なくなっていって「お父さんに手間と心配かけるのにちょっと疲れた。いっちょくね。」って感じだったのだと勝手に解釈しました。

2人で出かけるのも2人で過ごすことも大好きな仲良しの父と母なので、父が受け入れるのは簡単じゃないとは思うけど、お通夜お葬式を通じて母と仲良くしてくださったみなさまのお顔やお言葉をいただいてやっぱりこれは「お父さんゆっくりしてね。」という母の優しさなんだと受け止めてしっかり見送りました。

友達いっぱい来てくれちょったよ。

認知症でだんだん出来ないことが増えてって、そのおかげで(母の世話をするために)いつのまにか父はごはんも作れるようになったし、お風呂を沸かす予約設定も出来るし、ゴミの日も把握しちゅうし、お金の管理も全部自分でやるようになってます。

ほんのこの前まで家のことは母に任せっきりで仕事しかしてなかった父なのに。

そういう風に仕向けていったんだなぁと。父が全部出来るようになったのを、「ひとりでも困ることないね。さとるのお昼ごはんも作れるようになったもんね。」ってのを見届けていっちゃったんだなぁと。

 

見事だと思います。

 

お葬式の最後、お棺の中の母に父が声をかけました。

「ちょっと待ちよれよ。」

ずっと2人でいて、最後はずっと面倒見てきて、突然いなくなったら父はさびしいだろうなぁ、そればっかり考えていたけれど、この言葉にはなんか希望がありました。

永遠の別れじゃない感じ。

またいつか会える感じ。

「ちょっと待ちよれよ。」

いい言葉でした。

 

 

それにしても、わざわざ息子が東京出張の日にせんでも。毎日毎日実家に仕事しに行って顔を合わせてお昼ごはんを一緒に食べゆう息子が遠く遠くにおる日を、いくらすぐ帰りたくても翌朝飛行機飛ぶまで帰れん日を選んでいっちゃった。

まぁ、それにもペコちゃんにはきちんと理由があるらしいので次はそれを書きます。

 

 

 

 

あわてて告知。いつも間際でごめんなさい。

 

今週末、東京自由が丘へ販売に行きます。

研ぎ直しもやります。

一年ぶりの東京遠征。自由が丘の『カタカナ』さん。

一年前の様子はこちら

 

昨年9月に一度「年内にまた来ませんか?」ってお誘いいただいたけど刃物まつりを筆頭にイベント目白押しの秋冬だったので先延ばししてこの時期になりました。

この時期に決めたのが昨年10月。

 

後悔しました。なんでこの時期に。

ま、いつでも一緒か。4月は4月で5月は5月でいろいろあるよね。

 

前回はとても良く買ってもらえて、万能包丁の売れ筋サイズは2サイズとも売り切れてしまいました。

今回はそんなことないようにしっかりたくさん作って持って行こう!って思ったのが昨年10月。今年の1月も2月もそう思い続けてました。

が!年が明けたら新年会に棚卸し、2月になったら「ひなまつり」の準備に確定申告。

 

おそろしいスピードで東京行きの日程が近づいて来ます。

2月はいつもの月よりちょっと短いに違いない。絶対2、3日短いよね。

 

3月2日のひなまつりを楽しんで3日は雨のためお客さんとして紙の博物館で楽しんで。

あ、3月1日は次男凜くんの卒業式も。

6日にようやく税務署に。

 

それからようやく準備。集中して準備。頑張りました。作りました。

 

でも、7日は商工会青年部主催のセミナーに参加。

8日はこれまた半年前からチケット買ってたライブを聴きに行く。

9日は職人チームのひなまつり打ち上げ。夜中の2時半まで。

以上3連荘で午後7時から予定あり。

残業出来んじゃん。残業したかったです。

全部楽しんだからよかったけれど。

んで、10日の日曜日に出勤したりして、なんとかなりました。なんとかしました。

 

フル出場でやりきりました。

 

昨年売り切れた商品も今日ようやく仕上がりました。数もしっかり出来上がりました。

これから柄を付けて、明日荷物を発送です。

 

なんとか満足出来る感じになりましたので、今週末、東京近郊の方、お時間ありましたら是非自由が丘へお越しください。

 

3月15日(金)16日(土)17日(日)の3日間

カタカナさんにて

11時〜17時の予定です。

 

よろしくお願いします!

 

 

 

遅ればせながら2018の振り返り。

一昨年の年末ギリギリにホームページをリニューアル。

それからまるまる一年やってきて、リニューアルの効果が抜群だったのでご報告します。

 

リニューアルに100万円突っ込んで(内50万円は補助金をいただく)、価格改訂で30%値上げを断行。

少しは注文減るかも、それでも前より品質的にも手間かけゆうし、メール対応やら梱包やらに取られる時間も増えてきて、それで減ったなら仕方ない。それでも選んでもらえるように頑張りますよ、って気持ちでした。

 

でもそんな心配は全然必要なくて、注文件数は昨対124%、一件あたりの平均単価が133%(これは値上げ分てことやね)。

売上金額は167%!

 

値上げに新しいホームページの雰囲気が勝った様子。

デザイナーさん、モデルさん、ホームページを構築してくれた製作会社のみなさんのおかげです。踏み切って良かった。小規模事業者持続化補助金もありがとうございました。

こんな風に売上的に大成功したのだけれど、数字以外の部分でもうれしいことがあったので書いときます。

 

ケース①

2010年12月に植木鋏を買っていただいた方から8年振りのご注文。前回の鋏の刃の長さ違いバージョン。あ、このお客さますごい久しぶり!って感じ。

ケース②

2005年12月に花鋏を買っていただいていた方から研ぎ直しのご依頼。13年振りの里帰り!

13年経ってのリピートは最長ブランクかも。

ケース③

2016年6月に植木鋏を買ってくれてから2年半後に再び鋏のご注文とともに包丁も。この包丁が奥さまへのプレゼント!奥さまの名前も刻んで!

 

8年振りのご注文とか13年振りの研ぎ直しとか鋏を使ってくれた植木屋さんに奥さまへのプレゼントとしてはさみ屋の包丁を選んでいただける。

 

うれしいことです。ほんとに。

 

そしてこれからもこんな素敵なことが起きて一人でうれしがれるように、「出来ることは全部やる。出来るであろうことも全部」しっかりやっていこうと思います。

つまり、ホームページのリニューアルは大成功でした!うん、今のところ!

 

 


 

あー、久しぶり。

書く暇なく遊んだり働いたりしてました。

全然落ち着いてないけど書きます。

 

昨日いつものように2月の第一日曜日、おかみさん市に出店。

若い男の子2人組が立ち止まる。23〜24歳かなぁ。

1人の子が聞いてくれました。

「家庭で普通に使う包丁はどれですか?」

「この辺は万能包丁です。一番よく出るサイズはこれですね。」

「そーですか。じゃ、これください。」

 

隣のお友達から「はやっ!」ってツッコミが入るほどの即決でした。

 

買ってくれる子が財布を出しながらつぶやきます。

「貢ぐ人おらんき、おかんに貢ぐしかないがよ。」

 

うわー!お母さんへのプレゼント!

 

 

友達と2人で帯屋町歩いてて偶然見つけた刃物屋でふわっと6500円の包丁をお母さんに買ってあげる若者。

 

素敵だなぁと思いました。

お母さん喜んでくれますように。

 

 

 

 

 

 

お久しぶりになりましたが、まずは告知。

今週末は刃物まつりです。

10月20日(土)21日(日)

午前10時〜午後5時(日曜日は午後4時)

土佐山田町の鏡野公園にて

「今年も売れるかなぁ、売れんかったらどうしよう、って不安はなくなりました。」って昨年刃物まつり終わりで書いたけど、今年はちょっと不安な気持ちが生まれてます。なんでやろ。頑張ってくるけれど。

今週末、遊びに来られる方は是非!

 

 

告知を済ませて、話はタイトルの『夢叶う』へ変わります。

この度夢を叶えたので報告します。

 

『全自動麻雀卓を買いました。』

 

ピッて押してガラガラって入れてピッて押したら積まれて出てくる夢のテーブル。

こんな夢があったなんて、自分でも気づいてなかったです。

いろんな環境の変化があってしばらく麻雀チャンスは年に一回二回になっていたのだけれど、今の家に引っ越してから少し麻雀する機会が増えて。メンツは町の仲間やったり職人仲間やったり同級生やったり。

今年の8月の終わりに急に「全自動卓欲しいなぁ」って気持ちが湧いて来て。

ネット通販で調べたら、パソコン立ち上げる度に広告スペースに麻雀卓が出てくるようになって、仕事終わりで毎晩眺めたり比較したりして。

このままでは仕事も手につかんなると思って9月の神戸新聞杯で麻雀卓の値段になるようにステイフーリッシュの単勝馬券買ったら夢破れて。

それでも気になって仕方ないので馬券当たる前に買いました。馬券は今週末に当てます。

 

届いた全自動麻雀卓、先週金曜日に初めて使いました。久しぶりに朝7時まで。徹夜。勝ったので楽しかったです。

 

これが自分の夢だったとは本当に気づいてなかったけど、今思うとこれは夢やったがやと思います。

そんなに物欲は無い方だと思うけど、考え出してから欲しくて欲しくてたまらなくなりました。服買う時も車選ぶ時もどっちかと言うとそれは必要にかられて選びます。どうせ買うならこれがいい、ってこだわりはある方だとは思います。

でも、今回は全然必要にかられてない。

なくても遊べるもんね。メンツがいれば。

それでも手に入れました。

もうこんなに欲しいモノは現れないような気がします。

 

わくわくしました。見せびらかしたくて早くみんなで使いたくて遊びたくて金曜日が待ち遠しかったです。

 

23歳の僕に伝えたいです。コトサンセトウチハイツにこもって年間140回徹マンしていたろくでなし大学生の自分に。

「そのまましっかり麻雀打ち続けたら46歳の秋に全自動麻雀卓を手に入れることになるよ。」

 

23歳の自分、うらやましがるろうなぁ。

 

いろんな状況の変化はたくさんたくさんあったけど、麻雀から離れることなくよく頑張ったと思います。これからもしっかり続けていきたいと思います。

 

以上、『夢叶う』でした。

 

 

 

それでは、今週末、刃物まつりと菊花賞。

頑張ります。

『ステイフーリッシュ』何倍つくかなぁ。

『ステイフーリッシュ』いい名前。

 

 

今日は次男凜くんの誕生日。19歳。

自分の19歳の誕生日は麻雀してました。中山ん家で麻雀しながら迎えた19歳。マイナス300くらいくらった19歳のスタートでした。浪人中のセンター試験の1ヶ月前。楽しく過ごしよったなぁ。あの日があるから今日がある。

あ、凜、おめでとう。

 

 

 

「近頃いつ僕は僕のことを驚かせてやってあげたかな」

RADWIMPS『会心の一撃』より

 

 

あっという間に夏が終わります。

夏の初めの大雨に大阪へのイベント出店を流されてから不調が続いてました。

自分を驚かせてやれそうな場面が出来上がりつつあったけどそれがチャラに。

それから仕事も仕事じゃないとこもうまくいかないことばっかりで、やるべきことを忘れたり気合い入れて臨んだところで空振りしたり、この一生懸命は間違っちゅうがやろかって考えたり。いつでもプラスに脳内変換出来る体質のはずやのに、めずらしくそんなとこに落ち込んで。

 

それでも同級生を仁淀川に招待して花火見ながらビール飲んだり、久しぶりのメンツで朝からビール飲みながら麻雀したりしてたら復活気配です。麻雀勝ったし。

 

ある場面で脇に追いやられてしまったけれど、やっぱりそれじゃおもしろくないので表舞台に返り咲きたいと思います。そう思えるようになりました。まだ肩の荷を降ろしゆう場合じゃないもんね。

「 延長22回二死満塁3点ビハインド不敵な笑み4番目隠しスウィング初球逆転満塁弾な未来」

再びRADWIMPS『会心の一撃』より

 

目隠しでもバット振り続けたら逆転満塁弾な未来もどっかにあるろ。なくてもいいや、振り続けます。

今夜も麻雀。

うん、復活。

 

 

 

 

先週いの町商工会の総会で「おまえも町で生きていくならじっと座っちょらんとお酒注いでまわらんかや。」って愛すべき大先輩に言われたので(そういうの得意じゃないがよね)、昨日のいの町観光協会の総会ではとっくり持っていろんな先輩方といろんな話をしました。そしたら家に帰り着いたとたん吐きました。まだ9時前やったのに。46歳まだ吐いてます。

 

ある若者の相談。刃物業界未経験の32歳。(業界関係者の息子さんではあります。)

「刃物の研ぎ直しを仕事にしたいんですけど。」

イケると思うなぁ。

技術さえしっかり身につければあとは営業力とか宣伝とか次第。どうやって仕事を集めてくるか。そういうのはいろいろやってきたし伝えられることもいろいろありそう。

「出られるイベントには出てPRすべし」とか「学校の給食室に営業かけてみたら」とか「金物屋さんとかホームセンターとかと提携したら集めやすいね。」とか

イケると思うけど。

 

それからずっと「研ぎ直し一本で起業するなら」って考えてます。どんな形が一番いいかなぁ。

 

仕事場作業場を持って持ち込んでもらうのを待つ散髪屋さんのような形。

クリーニング屋さんの集配スタイル。カブを駆使。

ポン菓子屋さんのようにあちこち出向いていくやり方。

もちろん組み合わせてやりながら広げて行くべきやけど、最終どの形が一番無理なく稼げるのか。どこを目指して行くべきか。

楽しい。考えるのが楽しい。

 

ま、何よりお客さんからお金をもらえる技術を身に付けるのが何より大事。

「やり方も理論も教えちゃおし、うちの設備も使ってかまんき、いつでも修行にきいや。」って伝えてます。

ニッチなとこやけど、技術を手にして起業して稼いで、ひとつのビジネスモデルになったらいいなぁ。鍛冶屋になるよりは早く仕事になるろうしね。

頑張ってほしいです。

 

最後に告知

今週末6月2日(土)3日(日)

鎌倉市アトリエ・マジャクジャにて

展示販売します。

『土佐和紙と土佐打刃物展』

鎌倉近辺の方、お待ちしてます。

近辺じゃない方、今週末は鶴岡八幡宮へ観光に。そのついでに寄ってください。

久しぶりのペーパーラボさんとの2人旅。

楽しんで来ます!

 

もうだいぶ時間は経ったけれど5月12日は『en』に出店して来ました。

素敵なイベントです。

まぁ、一回遊びに来てみてください。来年もあると思います。

 

その『en』での思い出。朝9時半頃到着して一人で出店の準備をしてました。

そこに4、5歳の女の子2人組が「何屋さんかなー。」って感じでやって来てうちの商品を見て

「あ、包丁や。」

「そうよー。包丁売りに来たがよー。」って話したら女の子が言いました。

 

「あのね、この前お祭り行ったらピエロが包丁研ぎよったで。」

うん、それ俺。ひなまつりでの俺。

「それ俺で。」

「えー、そうながー?」

「そうよー。」

「ふーん。」

 

また成功。

顔を誰かわからんくらい白塗りにしてピエロで包丁を研ぐことで小さな女の子にも印象付け。それが次のイベントで素顔に出会う。うん、20年後のお客様やね。やることなすこと全部うまくいく。

続けよう。

 

 

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の記事 最新コメント