蒼色の巻 後編

続きです。

夜は打ち上げ。

職人ストリートや商店街や商工会のメンバーやアーティストやアメリカ人や福岡から職人ストリートのCMを作るために来てくれた人やアルゼンチンから来た旅人や近所のおばちゃんたちと飲みました。詳しくはこちら
 
こんなとこを高校生に体験させれたら一発でファンになるにちがいない。

翌日曜日は各班にわかれて体験したこと、お店や商店街への提言の発表会。

職人ストリートに来てくれた子たちと一緒に考えました。真面目に進めようとする子に感心したり茶化すやつにイラッとしたり。でも「俺はたぶんこっち側やった。」って15歳の自分を思い出してみたり。

さらに発表内容や発表態度の審査をさせられて、35班全ての発表を聞き終えるとものすごく疲れてました。審査員って大変。

終わってみて思うこと。
この新しい試みは高校生にとってだけでなく受け入れる側の自分たちにも大変有意義だったと思います。こちらも不慣れで先生や学生さんの期待に応えきれてはないと思いますが、来年以降もまたチャンスをもらえるといいなぁ。

職人ストリートは今回一緒に過ごした高校生からいただいた提言を次回『七色の巻』(7月16日)に必ず活かしたいと思います。

159分の1でも2でも遊びに来てくれますように…。

商店街は明日から

イノビ・オーダー2.0

(拡がりと繋がりから新しい価値を見出す町歩きアートイベント)

来週月曜まで。是非。

コメントを残す

※公開されません。

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の記事 最新コメント