刃物まつり2012(その1)

脇から入りたがってる車に道を譲ったらその車が青森ナンバーで「いいことした感」2倍。

刃物まつりでうれしかったことその一。

初日の土曜日の朝、商品並べて準備が整ったところで「よし!ビール!」って思って酒屋さんのブースに行ってキリンやアサヒやノンアルコールが氷水にプカプカしてる中「ラガーください!」って朝一で飲みました。そして、もう一本おかわり。

その後、お昼過ぎだったと思います。
一人男性がカシューナイフを見つめてたので声を掛けました。
作った本人お気に入りのナイフ。こんなやつ。

「どうぞ持ってみてくださいね。」

「いいっすねぇ…。ちょっと仕事しながら考えます。」

「ん?」

「僕、松尾酒造さんのブースにお手伝いに来てるKIRINの人間なんですよ。迷うことなく『ラガー!』って言ってくれてうれしかったです。」

はさみ屋Tシャツと頭に巻いたタオルで「はさみ屋」=「ラガーの人」って認識されてたみたいです。朝一やったし。
そんで、そのラガーの人が刃物を売ってるブースを見つけて覗いてみたらしい。

「やっぱりこれ買います!」

「ありがとうございます。」

これもブランド背負って動く意味にちがいない。

僕がドライ派やっても買ってもらえたろうか。
そう考えると引きが強いね。

ビールを飲んだらナイフが売れた。素晴らしい。

.

コメントを残す

※公開されません。

2018年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の記事 最新コメント