プログレス

明日は仁淀川にて『神楽と鮎と酒に酔う』でコローザ焼きます。
その前に今夜600個包みます。何時に寝れるかなぁ。

和包丁の弱点。

「錆びる」の次にくるのが「柄が腐る」です。
毎日水に濡れてがんばってるので仕方ない面はあります。

「いっつも柄がダメになる。」
ってお客様には

「使わない時は包丁立てに立てて保管してください。刃を下に、柄が上になるように逆さにしとけば水分は柄の方に行かないので長持ちしますよ。」

って保管方法をお伝えするとともに、なかなかやらんろうけどなぁ、って思いながら

「柄の差し込み口にロウを垂らしておくと水が入るのを防げますよ。」

ってアドバイスをしてました。

じゃあ最初っからしちょったらいい。うん、その方が絶対いい。

ってことで半年くらい前から新しく出来上がった包丁には柄を付けた時点でロウを垂らして防水加工。

この部分。

修理の時も柄を付け替えたやつにはひと手間施してます。

刃物としての機能には関係ないかもしれませんが、トータルで見れば小さな小さな進歩です。

あと一歩だけ前へ。

誰にも気付いてもらえないとさびしいので書いてみました。

続けます。

.

2 comments on “プログレス

  1. 気づいてたよ。ちゃんと。ロウかぁ。
    受け取った時には気づかなかったけど、包丁立てに整列し、
    他の包丁と比べた時、
    「ん?!何かしちゅう。」と。
    包丁立てに立てたり、洗った後拭いたり。
    『「英』 印の御包丁に出会う前はしてなかった。
    ちゃんと仕事が見えるものは、ちゃんと大事にしてしまいます。
    自然に。

  2. >まるちゃんさん
    そっか。気づいてくれたがや。
    買ってもらう動機付けにはならんでも使ってもらってわかってもらえたらそれでうれしい。ありがとう。
    人から買うって大きいでね。最近は買う立場からそう思います。

コメントを残す

※公開されません。

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の記事 最新コメント