待ち構えられる

先日、同級生に「青くさい」ってほめられました。「変わってないっぷりはすごい。」って。精神的に、ってことだと思います。

青くさいので素直に喜びました。

開催中の展示会初日に早速砥ぎ直しが持ち込まれました。鋏と包丁、4丁のうち3丁は made by はさみ屋。

つまり2年前の展示会で買っていただいたお客様だと思われます。

待ち構えられちょったようです。

同じいの町内でもはさみ屋まで来てもらうのはなかなか難しいがやねえ。それにペーパーラボさんに預けてもらえればすぐうちまで届くのに。

そうはならない。簡単じゃない。

もちろん前回の展示会きっかけで直接うちまで来てくれるようになったお客様もおられますが。

はさみ屋がギャラリーに商品を並べに来るまで、砥ぎに出すのを待ちよった人がおるわけで。次の展示会がいつ開催されるかもわからないまま。

定期的にやらんといかんかもしれません。アフターケアの観点からも続けることは大切やね。
毎年このイベントにははさみ屋の兄ちゃんがおる、とか毎月ここに行けば砥ぎ直し頼める、とか。

なんにせよ、お買い上げいただいた刃物がしっかり使われて砥ぎ直しに帰ってくるのはうれしい限りです。

今回は丸2年働いてのパドック入りです。もうこれで展示会開催の意義ありです。

待ち構えられる喜び、やね。

.

コメントを残す

※公開されません。

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の記事 最新コメント