第2回

日曜日の晩にあるミーティングに出席。ある大きな、そして非常に困難かつ繊細なプロジェクトの話し合い。

最終的には高校の同級生350人と一緒にやりたいことながやけどまだまだ始まったばかり。
何が出来るかもわからんけどなんかしたい、せんといかんでね、っちゅうことで、先月から月一で集まって話してみようってスタートしました。

先月の一回目は3人。今回は6人。先は長い…。

けれど今回はすごく中身ある話が出来ました。人数も倍やしね。高校時代は全然話したことなかったり卒業からほとんど会ったことなかったやつらといろんな話が出来ました。議題についても、また全然関係ない話も。

そこで思ったこと。

「みんな元気なくせにいろんなもん持ちながら抱えながら生きゆうがや…。すごいにゃあ…。」

自分の浅さを痛感します。
軽い、俺。
恵まれ過ぎや、俺。
なんかそんなこと思いました。

まだまだここでは具体的なことは書けないのでわけがわからん文章になってますがこの気持ちを忘れんように書いちょきたかったがです。ごめんなさい。

ま、とにかく自分の成長のためにもこのプロジェクトを少しずつでも前進させてまいりたい所存でございます。

えーと、このブログをこっそり読んでくれた僕(あらためまして、笹岡 悟と申します。高知在住、39歳。)の高校の同級生の方、「何が始まっちゅうがな、おんしゃあ!」って連絡下さい。

すぐに巻き込んでさしあげますので。そのうち連絡は行くがやけどね。あ、全然変なことじゃないです。もちろん無理強いもしません。

よろしくお願いします。

.

6 comments on “第2回

  1. 何かが始まっちゅうねぇ。 ま、なんとなく伝わるけどもね。
    何ができるかわからんけど、何でも言うてや。手伝うし。
    巻き込み上等!オッケーです{OK}
    そうそう、3日前にひょんなきっかけで、卒業して以来ぶりに
    順也(わかるかな?)とつながったで。びっくりやろ。
    順也は東京で頑張ってるらしいよ。
    と、そんなこともあるしさ、うちらの学年の絆って意外に強いのかもよ。
    想いがあれば広がっていくと思うよ。うん。
    プロジェクトも前進あるのみって感じで頑張ってよ。
    応援します{ガッテン}

  2. よーこさんへ
    あ、さっそくひっかかった。思惑通りや。
    今はまだ本当に、始めてみた俺らも何が出来るか、何をすべきかも見えてなくて、一人でも多くの力が必要なわけで。
    (順也か、懐かしい。とりあえずそこまでは届くね。)
    でも、なんとなく伝わったってのはうれしい。ここに書いた甲斐があるね。
    それから「手伝う」じゃなくて「一緒にやる」がやきね。
    うん、一緒にやるで!

  3. 学生時代に文才あるなんて思ったこともないのに。タコのブログ、2時間読んだ。そして涙・・・。泣かすな!タコ!
    自分一人だとちっぽけやけど、みんなとならできるかも。
    私も手伝わせて・・・じゃなくてやろう、一緒に!
    まるも入~れて!
    追伸:うちの小4の娘も校長先生に直談判に行き、友達何人かで毎朝校門に立ち、義援金集めすることにしたと告白してきた。すごい行動力に驚いた。600人の生徒と50人の先生。どれくらい集まるかわからないけど「がんばれ」ではなく「がんばろう」なんだと実感した。私の子育て間違ってない。娘に救われたよ。りんくんの100円、だれかのパンになってるかな。

  4. まるちゃんへ
    文才はあるかないかは別にして隠しちょりました。まるちゃんにはラブレター書いてないもんね。
    「一緒にやろう!」って「協力するよ!」って気持ちがあちこちから聞こえてうれしい。
    この話をスタートさせて良かったがや、って思えています。
    すごいじゃん。娘さんの行動力。
    金額の大小ではなく、彼女が集めた義援金も凜の100円も誰かのパンに、誰かの明日に、誰かの未来になってくれるはず。
    被災地支援も自分達のプロジェクトもできることからやってみよう。
    一緒にね。

コメントを残す

※公開されません。

2018年8月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の記事 最新コメント