計算違い

いの町の商業振興会というところに所属してます。
もともとは商店街の諸先輩方が商売の振興について考えて行動してきた会。ご多分に漏れずいの町の商店街も廃業や高齢化で会員さんの減少も免れず、もっと範囲を広げてはさみ屋にも声がかかり入会したのが2年前。1年経ったら理事になってました。

その理事会での議題。
「商店街の街灯が設置されて10年。全く掃除もしてなくて汚れてきてます。掃除してきれいにしてはどうかと。業者に頼めばお金がかかる。かといって自分達でやろうにも若い人も限られていて実際に動ける人は少ない。そこで商工会の青年部にお願いしてやってもらいたいなと。高所作業車を借りるとかの実費は商業振興会が負担して、実働は青年部にお願いしようという案です。どうでしょう?」

賛成しました。大賛成。
地元の商店街の街灯を商工会の青年部がきれいにする。とてもいい物語。
しかも11月23日の祝日は大国様の秋の大祭。それに合わせて大国様~商店街~紙の博物館までを使ってイベントを開催します。
『Kami祭』

はさみ屋は実行委員長やってます。

大国様の秋の大祭に備えて青年部が街灯の清掃。
もしかしたら新聞とか取材してくれて青年部の社会貢献活動がイベントの宣伝にも繋がるかも!
実行委員長の計算。是非23日までにやってほしい。

「出来れば実費だけでなく青年部の活動資金の足しになるくらいのものも出してほしい。完全ボランティアでは青年部もしんどいです。」

若いってだけでいいように使われるのはごめんですって場面はしっかり経験してきた青年部出身者としての意見も付け足して賛成しました。

無事可決。
青年部の方も受けてくれたようで良かった良かった。

と思ってたら青年部担当の商工会職員さんから電話がかかって
「商店街の街灯の清掃をするんですけど…」

うん、知っちゅうよ。

「なかなか人数集まらなくて、笹岡さんも出て来てくれませんか?」

あ、そういうことね。
うん、みんな忙しいもんね。
行かん訳にはいかんよね。

「はい。行くようにします。」

なかなか会議室で話だけしてふんぞりかえって
「金は出すき若いもんにやらしちょけ。」って立場にはなれんもんやね。そこに行けた気がしちょったのになぁ。惜しい。

11月23日(月・祝)
Kami祭
職人ストリートも開催します。

是非遊びに来てください。

コメントを残す

※公開されません。

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近の記事 最新コメント