ワインと泡盛

「『やれば出来る子』っていうのは決して誉め言葉じゃないぞね。」ってお正月里帰り中の妹に叱られました。そんなつもりは…。

こんなとこにいたらうっかり大人になりそうです、って感じのお食事会に行ってきました。しっかり自分を持っちょかないかんと思います。
ナイフとフォークを駆使しなければならないホテルのコースディナー。魚には醤油、肉には焼き肉のタレの方がやっぱりうまいと思うお料理でした。ケーキはおいしかったしナイフとフォークの置き方でお皿を下げてもらえないことを覚えて帰って来れたのでよかったです。いろいろためになるお話も聞けました。勉強、勉強。

でもやっぱりアルコール度数「42」とかいう泡盛をラッパ飲みする新年会の方が楽しい。

お酒は弱いしうまいかどうかも全然わからんけど、口火を切るのは得意です。

吐くと涙を流して後悔しますが1月2日はぐったりしただけで済んだので楽しい記憶。

ホテルのディナーも、なんだか特別そうな泡盛も、口にさせる価値のない男だなぁ、と思う2011年のスタートでした。

コメントを残す

※公開されません。

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近の記事 最新コメント