おもり

7ヶ月振りの散髪。
今回のオーダーは「今風ショート。」

出来上がってからの美容師さんの言葉。

「いかん。さわやかになりすぎた。やっぱり2,3日風呂入ってないスタイリングで。」

なにはともあれめちゃくちゃさっぱりしました。

お肉屋さんから牛刀の直し依頼。

「柄は替えれる?」

洋包丁のビス止めのはり合わせた木の柄が剥がれてかけてました。

「和包丁の柄でよければ。」
「やっちょって。」

剥がれかけの木をはずし鉄の部分を削って中子(柄に差し込む部分)にして柄付け。
包丁が大きいのでスイカ包丁用の柄をつけました。

お渡しして一週間ほどしてから連絡が。

「柄が軽すぎて使いにくい。」

もともと付いてた柄との材質の違い。包丁も大きい(刃渡り30センチ以上)のでバランスが悪くなってます。

考えました。

「重りつけましょうか?」

「やってみて。このままじゃ使いにくうてしゃーない。」

真鍮の棒があったので柄の大きさに合わせて切って接着剤で貼り付けて、穴開けておしりから木ねじでとめました。それから柄に合わせて丸くすり落として磨いたらこんなになりました。

刃も研ぎ直して完成。

なんかかっこよくなった。

あとは使う時のバランス。

一週間くらい経ってからお電話いただきました。

「えい感じ。もう一つあるけどおんなじようにできる?」

もちろんです。

工夫成功。

.

コメントを残す

※公開されません。

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の記事 最新コメント