傘とサルとタンコブと…

昨日電話がありました。

「涼太が頭に立派なタンコブ作って帰って来た。どうしよう。」

ストーリー
学校からの帰り道、左京が傘の水を涼太に散らしました。
「やめろや、サル!」
涼太のセリフに左京は飛びかかりました。
もつれてアスファルトに転がる2人。
で、タンコブの出来上がり。

電話の向こうで元気なく説明する涼太。
「そうか、わかった。で、どうしたい?」

「………謝ってほしい。別れる時に俺は『サルって言ってごめん。』って謝ったのに左京は黙って家に入ってった…。」

自分から謝ったか。やるじゃん。

(これは後に、目撃者涼介の証言により誤解と判明。「左京も謝りよったで。涼太には聞こえんかったかもしれんけど。」さすが涼介、いい仕事するね。)

この誤解が解けてない時点の会話です。
「謝ってほしいか。うん、それは当然や。じゃあ明日お前が自分でなんとかしろ。」

「…。」

「明日会った時にそう言うことも出来るし、怒った顔しちょくことも出来る、普段通りにおはよーって言うことも出来る。それはお前次第。」

「うん…。」

「年上の子にやられたとか必要以上に殴られたとかやったら父さんが文句言いに行っちゃお。けんど普段仲良しの六年生同士のケンカや。傘で水散らしたりサルって言ったりそれに腹立てて飛びかかったり、そんなん普通のことやろ。」

「うん…。」

「だから今回は父さんはなんにもしない。お前にまかす。」

「わかった。」

電話切った後思ったこと。
「ちょっと冷たかったろうか。でも親が出て行く程のことじゃないしにゃあ。けんどこんな風に報告してくれんなったらイヤやにゃあ。言っても父さんは助けてくれんがやって思われたら…。まぁ、その判断も成長するか…。」

で、今日、本人達は無事仲直りしたようです。

しかし新事実が1つ。

左京、左手小指骨折判明…。

まぁ、見事な喧嘩両成敗です。

「お前はタンコブで済んだ。けんど左京は骨折しちゅう。明日もう一回お前からあやまっちょきや。」

「わかったー。」

うん、男の子や。

.

コメントを残す

※公開されません。

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
最近の記事 最新コメント