ビジネスモデル

先週いの町商工会の総会で「おまえも町で生きていくならじっと座っちょらんとお酒注いでまわらんかや。」って愛すべき大先輩に言われたので(そういうの得意じゃないがよね)、昨日のいの町観光協会の総会ではとっくり持っていろんな先輩方といろんな話をしました。そしたら家に帰り着いたとたん吐きました。まだ9時前やったのに。46歳まだ吐いてます。

 

ある若者の相談。刃物業界未経験の32歳。(業界関係者の息子さんではあります。)

「刃物の研ぎ直しを仕事にしたいんですけど。」

イケると思うなぁ。

技術さえしっかり身につければあとは営業力とか宣伝とか次第。どうやって仕事を集めてくるか。そういうのはいろいろやってきたし伝えられることもいろいろありそう。

「出られるイベントには出てPRすべし」とか「学校の給食室に営業かけてみたら」とか「金物屋さんとかホームセンターとかと提携したら集めやすいね。」とか

イケると思うけど。

 

それからずっと「研ぎ直し一本で起業するなら」って考えてます。どんな形が一番いいかなぁ。

 

仕事場作業場を持って持ち込んでもらうのを待つ散髪屋さんのような形。

クリーニング屋さんの集配スタイル。カブを駆使。

ポン菓子屋さんのようにあちこち出向いていくやり方。

もちろん組み合わせてやりながら広げて行くべきやけど、最終どの形が一番無理なく稼げるのか。どこを目指して行くべきか。

楽しい。考えるのが楽しい。

 

ま、何よりお客さんからお金をもらえる技術を身に付けるのが何より大事。

「やり方も理論も教えちゃおし、うちの設備も使ってかまんき、いつでも修行にきいや。」って伝えてます。

ニッチなとこやけど、技術を手にして起業して稼いで、ひとつのビジネスモデルになったらいいなぁ。鍛冶屋になるよりは早く仕事になるろうしね。

頑張ってほしいです。

 

最後に告知

今週末6月2日(土)3日(日)

鎌倉市アトリエ・マジャクジャにて

展示販売します。

『土佐和紙と土佐打刃物展』

鎌倉近辺の方、お待ちしてます。

近辺じゃない方、今週末は鶴岡八幡宮へ観光に。そのついでに寄ってください。

久しぶりのペーパーラボさんとの2人旅。

楽しんで来ます!

 

コメントを残す

※公開されません。

2018年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の記事 最新コメント