刃物まつり 2017

3日前にある活動に区切りをつけました。
ずっと考え続けてきたことをようやくようやく決断出来てみんなの前で発表出来ました。区切りをつけて新たなスタート。また違う場所へ進んで行こうと思います。

もう終わってから2週間になろうとしてますが今年の『刃物まつり』を振り返ります。

今年は「いの町」を背負って刃物の町・土佐山田に乗り込みました。
いの町のいろんな風景と仁淀ブルーのタペストリーを観光協会から借りてブースに飾る。良かったです。目立ったと思います。

このタペストリーを初めて借りて売りに行ったのが7月の海遊館。その時に高知県さんが作ってくれた「高知家」のロゴ入りの笹岡鋏製作所の看板も刃物まつりに持ち込みました。気付いてくれたかなぁ。

お向かいに出店していた刃物屋さんの奥さまに言われました。
「いい垂れ幕と看板を作ったねぇ。」
借り物と無償貸与です。誉められた。

昨年の売上の実績や一年間の成長を駆使して準備した品揃えとともに、一年間の間に経験した売り方や見せ方も取り込んでの刃物まつりでの販売。

過去のブログを振り返ってみても、刃物まつりはそれぞれ新しい取り組みの発表の場になっていたような気がします。

・自分で砥いで仕上げた包丁をはじっこにこっそり並べた年
・他のお店と違うように見せたくて敷布を新しくした年
・砥石と桶を持ち込んで砥ぐ姿を見せるようになった年
・まな板とトマトとキュウリで試し切りを始めた年
・デザインされた柄の包丁を並べた年
・取り上げてもらった雑誌をコピーして飾った年

こうやっていろんな方法を取り入れてきたけれど、辞めてしまったものはない。全部積み重ねることが出来てます。今年は「K+」の記事も飾る。

土日ともに雨の影響があって少しお客さんも少なかったけど、まずまずの売上でした。
売れる売れんに関してあんまり不安はなくなりました。刃物屋さんがズラッと並んだ中でもはさみ屋の品を選んでもらえる感触。そういう層のお客様に気づいてもらえてる気がします。
買ってはもらえなかったけどあるお客様に言われました。
「全部見て回ったけどここはなんか違う感じがするね。」

それでOKです。

高校の同級生が4人遊びに来てくれて、そのうちの3人が包丁の研ぎ直しを頼んでくれました。またそのうち2人がその日のうちにメッセージをくれて
「切れ味サイコー!ありがとう!」
「包丁、むっちゃ切れるようになったー!って妻が喜んでます!」

うれしいね。
他にも研ぎ直しをご依頼いただいたお客様やお買い上げのお客様がお家に帰って同じように喜んでくれてたらいいなぁ、と思いました。
また来年、何か新しい商品や新たな工夫が加えられるように一年頑張ります。

さっそくリスタートの今後の予定。
・10月30日(月)
『トラベルガールズフェスタ2017』
シティプラザ大阪にて(今年2度目の大阪遠征)

・11月5日(日)
『おかみさん市』
帯屋町にて(いつものやつね)

・11月12日(日)
『日高メシふぇすてぃばる!』
日高村 小村神社にて(日高村に初進出)

・11月23日(木・祝)
『Kami祭(フェスティバル)』
いの町商店街にて(ホームです)

・11月25日(土)26日(日)
『仁淀川物産展』
東京 自由が丘『読書空間みかも』にて
(2年連続2回目の出場)

ここから1ヶ月、忙しそうやね。
楽しみます!

コメントを残す

※公開されません。

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近の記事 最新コメント