浅草ホッピー通り

研修旅行で東京へ行って来ました。
日曜月曜の一泊二日。

いの町商工会青年部が取り組む「新商品新サービス開発を目指した活動」の一環での視察研修。自分の仕事をワンランクアップするために都会の今を見ること体験することが目的です。

数回の研修や講義を通じて数ヶ月お付き合いいただく先生3人のおすすめ視察先を巡ります。先生方もご一緒に。

最初に浅草の『まるごとにっぽん』で売り方見せ方を勉強して

偶然出会った『浅草ホッピー通り』で昼呑みしながら新しい稼ぎ方や商店街活性化についても討論。

なんにせよビール飲んだら先生含めてメンバーみんなの距離が一気に縮まります。

それからは『ガーデンテラス紀尾井町』で少し上級なモノやバショを見て体験しながらワインを飲んで。
『谷中銀座』へ移動して昭和レトロで元気な商店街を歩きました。

「いの町商店街がこんなに観光客でごった返したら雰囲気変わってちょっとイヤやにゃあ。」なんて起こってもないことを心配したりして。

1日目最後は豊洲でグランピングBBQ体験。
施設外のコンテナに押し込められてタバコを吸いながら仁淀川のBBQの快適さをあらためて感じる。どんなに豪華な施設より仁淀川の河原がいい。

電車移動に慣れてない高知県民は朝からずっと歩いて歩いて疲れて疲れてホテルに着いたらすぐ就寝でした。メンバーの万歩計によると歩行距離15㎞。頑張った。

2日目は二子玉川『蔦屋家電』でお買い物をして『スターバックス』でクロワッサンを食べながらビールを飲んで周辺のいろんなお店を巡ったあとにみなとみらいへ移動して大人のシェアスペース『BUKATSUDO』を視察。

これほど広くなくてもお洒落じゃなくてもいいからこんな風にふらっといろんな人が集まれる場所が町にあったら絶対いいよね。我が町にも出来ますように。

二日間を振り返ってこうやって書くと昼間っから呑んでお買い物して帰って来ただけみたいになるけれど、本当にすごく勉強になりました。たぶん参加したみんなも意識を持ってホッピーを飲み、お買い物をしたはずです。

それでもここから動かなければただの観光旅行に変貌してしまうので、今回見たモノ・体験したコト・感じたナニカをこれからの自分の仕事に活かさんとね。

「あの時東京に行ったメンバー、最近頑張っちゅうにゃあ。」って言われましょう。

前回東京をブラブラしてきた1年半前のこの時も思ったし書いちゅうけど、本当に時々は外に出て都会の今とか成功しちゅう場所を感じに行くことってやっぱり大事やね。

ただの観光旅行で遊びに行っても「自分の仕事やったら」とか「町の活性化」とかに繋がる何かを探す脳みそになっちゅうがやけど。

そういう時間や機会を作れるかどうか。意識して作らんと時はどんどん過ぎ去るし。仕事は忙しいしやらんといかんこともいっぱいやけど。

タバコ吸える場所を探すのは本当に大変やけど、チャンスをうかがってまた行こう。
そして仕事に繋げます。
お楽しみに。

コメントを残す

※公開されません。

2018年7月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の記事 最新コメント