新しい種を蒔く

デザイナーさんと一緒にものづくり。

昨年秋頃に四国経済産業局さんなるところからアンケートが届く。

・デザイナーとの仕事に興味ありますか?
「ありますよー。」
・その場合不安な点は?
「報酬っていくら必要?」

他はあんまり覚えてないけれど。
書き込んで返送したら電話が掛かる。

「デザインをする人とデザインを仕事に活かしたい人とを繋げるマッチングを考えています。興味ありますか?やってみますか?」

「はい。」

大切なのは安請け合い。

その後も事務局さんと何度か電話でやりとり。
「デザインが出来たものをいついつまでに試作出来ますか?」
「完成して販売する際に誰々デザインって表示してかまいませんか?」
「手を挙げられたデザイナーさんの今までの作品をメールします。見てみてください。」

すべてに
「はい。いいですよ。」

で、始まりました。

10日ほど前にマッチングの事務局の方と一緒にデザイナーさんがはさみ屋に来てくれました。高松から。美人デザイナー。

いろいろ話しました。

それから一週間でいくつかの案をメールでいただきました。

こういう人の仕事の仕方はやっぱり勉強になる。
僕との会話の中から見つけてくれた
「はさみ屋の強み、弱点、狙うべきターゲット、そのための戦略」
をきちんと提示してくれる。

それは自分でも普段から漠然とは考えていることではあるのだけれど
「ここが強み→それを活かすべし→そのためにこれをやってみよう!」

わかりやすい。
動きやすい。
こういう脳みそで仕事したい。

もちろん自分では絶対回り込むことが出来ない視点からのアイデアもいくつか。これも楽しい。

それと一緒に

「実際に包丁使ってみて考えてみたいので送ってほしい。」って。

これうれしい。
大事なことや。
お送りしました。

こんな感じで新しい仕事が始まりました。

さぁ、何が生まれるがやろ。
楽しみです。
楽しみます。

,

コメントを残す

※公開されません。

2018年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の記事 最新コメント