志望動機

受験生の涼太くん。うちの長男。

ある高校を目指してます。

ひと月程前に体験入学に行ってサッカー部の練習にも参加。顧問の先生にサッカーの腕前(足前か)を褒められ

「うちに来いや。一緒にサッカーしよう。」の素敵な一言をいただく。

先生だけじゃなく先輩方にも良くしてもらったらしい。好かれキャラ。

このサッカー部の雰囲気が涼太のやる気に火をつけてくれました。

自分の学力と相談してなんとなく受ける学校を考えていたのがちょっとランクアップのこの学校に目標変更。

で、先日中学校の進路相談の三者面談。志望校は決まったものの、それに向かって努力はしてるものの
(本当に自分の部屋で机に向かってたりするのでびびります)
「ランクを下げるように言われるかもね。」ってお母さんと話しながら臨んだそうです。

そこで担任の先生のお言葉。

「今の時点で点数は足りてません。でも、ここに行きたい、ここでサッカーしたい!って思いは伝わるし、実際それ以来、授業態度もすごくマジメになりました。他の教科の先生からの評判もすこぶるいいです。今からの努力は必要やけど、受けてみたらどうですか?」

今まで悪ぶってチャカチャカしてたのがちょっとやる気を見せると激変に見える。もともと真面目な子には使えない武器。さすが。

『受けてみたらどうですか?』

いい響き。

晩に涼太と握手しました。
「おめでとう。志望校受験の許可が下りたそうで。」

本当にこいつは自分で見つけて自分で切り拓く。どんどんどんどん大きくなる。勝手に。

『好きなこと』があるって強い。
それがあることによって違うとこでも努力出来る。目標に向かって努力したなら結果なんてどうでもいいじゃんね。

がんばれ。

.

コメントを残す

※公開されません。

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の記事 最新コメント