sin・cos・tan

時代はすっかり期末テストです。
教え子を2人抱えてるので今週は休みなし。毎日勉強してます。来週まで。

そのうちの一人、高一女子『ありさ』を紹介します。

期末の範囲は三角比です。サイン・コサイン・タンジェントです。

彼女はsin(サイン)を「シャイン」と読みます。

初めは「サインって読むがで。」って直してましたが、だんだんかわいらしく聞こえてきたので最近は注意してません。想像してみてください。

「しゃいん30°」
「しゃいんθ(シータ)」

かわいいでね。

今日は休憩時間に恋の話を聞かせてくれました。数ヶ月前まで一年くらい付き合った彼氏がいたらしい。

「なんで別れたが?」って聞くと

「んーとねぇ、『距離は近かったけど心が遠かった』き。」

かっこえいじゃんか。
笑いころげましたけど。

最後にもうひとつ。

「『少子化』って子供の数が減りゆうことながやね。」って言うので

「そうよ。ん?どんなことやと思うちょった?」

「子供の体がちっちゃくなりゆうことかと思うちょった。」

またころげました。

「だってちっちゃくなりゆうろ!最近のこども。」

やって。

なりやあせんき。

あなたがおねえさんになっただけです。

『小子化』

おそろしい。

.

コメントを残す

※公開されません。

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の記事 最新コメント