冷静と情熱のあいだ

リンクしてるサッカー部仲間のかずえちゃんのブログで主夫生活を応援してもらったので調子にのって「今晩はスパゲティ作る。」ってコメントしたのに息子達は輪を抜けにお祭りへ行ってしまったので一人でラーメン食べました。黒い出前一丁。

明日はいの町民祭実行委員長としてある会に出ます。以前書いた『階段問題』の結論が出る会です。警察、消防、交通指導員の方々と交通安全について話し合う会です。

心の中では会に出て階段通行止めの意見と闘いたいなぁ、とこっそり思ってましたが、まるで出席の要請がなかったので自分の思い(こんな戦略で攻めんとやられるで、みたいなこと)や青年部の意見(通行止めらぁてありえんろってこと)を事務局である役場の方に伝え、責任逃れに負けないように「頑張って下さい。」って昨日電話しときました。

警備責任者の警察の方以外はほとんどみんな「階段は通すべき、通れんかったらお祭りが成り立たん」という意見です。花火を見に来るお客さんの立場です。お祭りを盛り上げたい側です。もちろん安全を前提に、です。

そしたら今日、事務局の女の子から電話がありました。

「明日来てくれませんか?実行委員長としての意見を会で言ってほしいんですけど。」

少し考えて言いました。

「出てもえいけど言い過ぎそうな気がするがよね…。」

心は闘う気マンマンですから。

いつも落ち着いた印象のその女の子は言いました。ものすごい冷静に。

「あ、ケンカせんかったら大丈夫ですよ。」

ケンカしないようにがんばって来ます。

.

コメントを残す

※公開されません。

2018年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の記事 最新コメント