駆け抜けた

次のバッターのレフト線への長打で一塁から一気にホームまで走った時、ホームベースを踏まないで駆け抜けてしまいました。
全力疾走で滑り込むつもりがベンチから「ゆっくりでかまんぞ。」って声がしたので、ブレーキかけつつ走り抜けたら歩幅が合わんかった。

知らん顔してました。相手のキャッチャーにはばれませんでした。
無事得点になりました。

でもベンチに帰るとネクストにいたうちの四番に
「ホーム踏んだ?」って聞かれたので
「たぶん踏んでない。」
「やっぱり。」

その後五番にも
「ホーム踏んでないろ?」って聞かれたので
「たぶん踏んでない。」
「やろ。めっちゃ小刻みに跨いだろ。」

よう見ちゅうね。

コメントを残す

※公開されません。

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の記事 最新コメント